マンションで犬と暮らす

集合住宅でペットと暮らすためのヒントです。

*

抜け毛の少ない犬

      2012/01/15

マンションという締め切られた空間で犬を飼うのですから、抜け毛は気になるところです。

一般的に犬の抜け毛の季節は春と秋にあります。

そして気になる抜け毛ですが、これは犬種によって様々です。

そして短ければ抜け毛も少ないと考えがちですがそうでもありません。

短い毛は生え変わるサイクルも短いかいですし、服やカーペットなどに刺さるので、掃除がやりにくい面もあります。

長い毛は生え変わるサイクルも長いですがお手入れしておかないと毛玉ができてしまいます。

ですが、短いから抜け毛が多い、長いから少ないと短絡的に決めることはできません。

また、生え方によっても抜け方が違ってきます。

人間の場合は一つの毛穴から一本だけの毛が生えていますが、犬の場合は一つの毛穴から複数の毛が生えています。

その中ではオーバーコートと呼ばれている上毛とアンダーコートとよばれる下毛をもつ犬種がいます。

上毛のみしか生えていないものを「シングルコート」、両方持っているものを「ダブルコート」とよんでいます。

一般的に抜けやすいのはアンダーコート(下毛)であることからダブルコートの犬種は抜け毛が多い傾向があります。

フワフワの毛で有名なトイプードルやヨークシャテリアは長い毛を持っていますが、下毛のないシングルコートですので抜け毛の少ない犬種として知られています。

小型犬として人気のチワワは毛の短いスムースコート(シングルコート)と毛の長いロングコート(ダブルコート)がいますが、どちらも抜け毛が多いことで知られています。一般的に日本犬はダブルコートのため抜け毛の多いことで知られています。

しかし、それもあくまで「傾向」にすぎません。実際、ダブルコートでもシーズーは抜け毛が少ない犬種として知られています。また抜け毛がすくない犬種であっても毛玉防止や毛艶キープのためのブラッシングやトリミングが欠かせない犬種もあります。

生え方でわける「シングルコート・ダブルコート」のほかに、毛の長さで分類する場合もあります。

★参考★長さで分類する場合

スムースコート:短くてまっすぐな毛のこと。「つるつる」っぽい感じのツヤのあるタイプ。お手入れはラクだが抜け毛は多い。

ショートコート:スムースコートよりももう少し長い毛のこと。抜け毛の量は多い。

ロングコート:長い被毛の総称。ロングコートのなかでもワイヤーのような針金タイプの毛をもつものを「ワイヤーコート」、くるくるカールしているタイプの毛をもつものを「カーリーコート」、絹糸のような光沢のある柔らかな毛をもつものを「シルキーコート」とよんでいる。

ロングコートは抜け毛は少ないのですがお手入れを怠ると毛玉になってしまいます。

 - 未分類