マンションで犬と暮らす

集合住宅でペットと暮らすためのヒントです。

*

自分自身で確かめてみること

      2012/07/09

犬を飼うときはその犬の人生(犬生?)をまるごとひきうける覚悟が必要です。

その犬が快適に暮らせるよう、自分自身の生活は少しだけ妥協する部分がでてきます。

たとえばあなたは

自分に食欲がなくても犬のごはんを用意できますか?

少々天気が悪くても散歩にいくことができますか?

犬のウンチや吐しゃ物を自分の責任で片づけることができますか?

予防接種をはじめ病気になったときは犬の保険はありません(最近はペット保険などの商品もでてきてはいますが)。経済的な負担は大丈夫ですか?

犬そのものももちろん、ゲージや部屋の中を犬と自分にとって快適な状態をキープすることができますか?

旅行や帰省などのときペットを信頼できる人かペットホテルに預けることができますか?または連れて行くことができますか?

飼うときはテンションが上がっているので、どうしても楽しいことばかりに目がいってしまいます。

しかしペットを飼うと自分自身の生活のペースがだいぶ、変わります。

そのことにも目を向け、ちゃんと最後まで飼ってあげられるかどうかを考えてみましょう。

※東京都福祉保健局作成「犬を飼うって素敵ですーーーーか?」がとても参考になります♪

【TOPICS】
犬を飼うと散歩にいかなくちゃいけないので必然的に外へ出る機会も増え、いい刺激をもらうことができます。外の空気を吸うだけでも人も犬もリフレッシュします。
巷ではダイエットブームで、みんなスレンダーで筋肉質の体に憧れます。ダイエット マンツーマンで行うものも人気です。
でももっとも身近なのはウォーキング。毎朝同じ時間に外を歩くことは体への負担も少なく、何よりも楽しく行えるのでおすすめです。

 - 自分自身で確かめてみること